JL737 JAL国際線機内食 名古屋バンコク NGOBKK エコノミー Y AUG18

スポンサーリンク

末期的8月RED U-35

2018年6月~8月がワンクールで同じメニューを提供したJALエコノミー中長距離線。クールの終わりにつれ、なぜか、劣化していき、繁忙期のお盆に利用する顧客からブーイングMAXが機内食クラブにも届いておりました。

そして温厚なmasaxuoさんまで酷評するにいたったこの機内食。一体どこに行くのでしょうか?何を目指しているのでしょうか?

 ブログランキング参加中
応援クリックお願いします 
 

まずいうえに、パッケージに料理人の顔があるのがよくない

時系列としては逆になりますが。パッケージ、開いた後の全体像。

率直な感想は、ん、どこら辺が四川なの??

かぼちゃの甘みが・・・メインが全体的に甘い。凡人にはイマイチぴんとこない味。

美味しくないわけではない、ただ、よくわからないというのが正直な感想。サラダはパッサパサ、ドレッシングが良いのが救いかな。

サイドメニュー、洋ナシのコンポートも大根もゼリーも、奇をてらいすぎ、というか、色々頑張りすぎちゃって、結局シンプルなものが良いのでは?と思える内容。

そうなんですよー。同じ声が聞こえてきました。

おっしゃるとおり、この料理人たちにはまったく罪はないのですが、このパッケージにお金かけるのがおかしいでしょう、という当然の疑問は禁じ得ないのです。

データ

Airline : JAL Japan Airlines 日本航空

Flight No. : JL737

Travel Date : Sep 2018

Sector : 名古屋バンコク NGOBKK

Class : エコノミークラス Economy Class

By : masaxuo @ http://www.masaxuo.com/

こちらの記事は、元ブログ からの引用です。是非ご覧くださいね!

☆masaxuoさん、情報提供ありがとうございます。ほんとこのシリーズがっかりなんですよね。3か月の終わりに行くにつれがっかり度があがる。コンテストで優秀な成績な方が選ばれて、メニューを提供しているので、もしかしたら、顔出し露出も賞品の一端なのかなとも思うのですが、ちょっとちがいますよね(笑)。これ、JALのひと、読んでくれないかなぁ(笑)。