JL773 JAL国際線機内食 成田メルボルン NRTMEL エコノミー Y JUN18 AIR MOSクリームチーズ

スポンサーリンク

AIRシリーズも2018年6月から新モスへ

昨日ご紹介した近距離国際線機内食「賛否両論」笠原シェフメニューのプレスリリースと同日に、実はもうひとつ機内食の話題がJALからリリースされていました。

「AIR MOSクリームチーズテリヤキバーガー」を提供します  JALのサイトにリンクしています

こちら大好評のAIRシリーズのなかでもいちおしモスです。さっそく体験することができました。

これだけ手間かけるんですか!!

まずはドリンクサービス。梅酒のソーダ割りにしています。ちなみに炭酸水、エコノミークラスだとソーダ水、プレミアムエコノミーですと、ペリエになります。

そして、さらに、実は1食目のRED U-35シリーズも6月から新メニューへ。今回は井上和豊さんの牛丼四川スタイルを選択。

サイドは

冬瓜の冷製 干しエビ風味のゼリー寄せ ← 激ウマ

アンチョビおから ← 激ウマ

デザートは

ライチのなめらかプリン ← 激ウマ

といういつにない最強ラインナップ。

牛丼をオープンしてみましょう。ハロー、四川スタイルの牛丼!!

正式名称は、

牛丼 四川スタイル

かぼちゃの甘みとコクを添えて

です。四川とあるので辛いの?とおもいますが、いやいや。ちょっと味は濃いかな、という印象はありますが、辛くはありません。

かぼちゃがなめらかで舌触りもよくいい仕事をしていました。ただ、あえての懸念事項は、このかぼちゃのなめらかさ、ちゃんとキープできるかな?ということ。なめらかだから牛丼と合うとおもうので、そこはクオリティコントロールをがんばってほしいです。

実はすでにこちらをいただいた段階で、もう一方のメニュー、若鶏の柚子胡椒くわ焼きも体験済みでしたが、たぶん、牛丼のほうが人気あるんじゃないかな、と感じました。

そして、2食目。お待ちかね、エアーモス。

昨日、ミー太郎先生からいただいた、「たれはしっかりチェック」の法則を既に実施。ちゃんとなにがあるのか確認しています。

説明書ですね。セッティング方法が書いてあります。

袋の中はどうなっているのでしょうか?

すごい。これ、べったりしないようにということですよね(笑)。手間かけすぎやろ。

作ってみました。

ちょっとだけ画像の向きを変えてみました。これ、めちゃウマでした。前回のエアー蔦はいまいちというBKS-BBA的な格付けありましたので、それと対比してもおいしいです。

テリヤキソースとクリームチーズが合うの。だからおいしいのね(笑)。おすすめです。

前も書きましたが、シドニー線はこれ出ませんからね。同じ豪州行でもメルボルンじゃないとでません。ご注意あそばせ!

データ

Airline : JAL Japan Airlines

Flight No. : JL773

Travel Date : Jun 2018

Sector : 成田メルボルン NRTMEL

Class : エコノミー Economy

By : BKS-BBA @ www.bksbba.com