MH マレーシア航空機内食 フルーツプレート FPML ジャカルタクアラルンプール CGKKUL C ビジネス MAY18

スポンサーリンク

業界の不思議ちゃんマレーシア航空

あまたある航空旅行に関するブログの中でもただならぬ視点と切り込みで人気を博している

バス代わりの飛行機  

に、最近とても興味深い記事が掲載されました。

マレーシア航空のChef on Call(その1)

マレーシア航空のChef on Call(その2)

既に目にされた方もおられるかと思いますが、マレーシア航空が業界の不思議ちゃんと言われる所以がとてもよく示されています。著者であるPECHEDENFERさんのコツコツと積み重ねて取材された努力もさることながら、「画像がこれなのに、何故これ?」という不思議っぷりにも感銘します。

そして、その感銘アゲインです。時系列的にはどちらが先かはわかりませんがそこはお許しください。再来感銘をもたらしてくれたのは、本ブログ初登場のえびちゃん  です。

パッと見ゴージャスよく見ると???

ここからはえびちゃんの寄稿です。

MHリージョナルビジネスクラスの機内食、魔の2014年以前は結構美味しかったのですが、ここ最近はコストカットが著しく…。バンコク搭載の場合を除き大概トホホなので、基本的に搭乗前に腹ごしらえをすることにしています。

この日の出発空港であるCGK T3はダイニングオプションが豊富なのでそこで昼食を取り、デザートがわりに空の上でフルーツをいただきましょう!という魂胆だったのですが…配膳されたのは驚きの一品でした。

・すいか
・パパイヤ
・メロン
・パイナップル

の中から三種を選び、脇に葡萄を配した皿がドンドンドーンと大中小!
配られた瞬間目が点になりましたが、よくよく見ると「4C3+ぶどう」となっており、パターンの重複はありません。結構考えられてますね。

混迷を加速させるのが、ど真ん中に恭しく鎮座するバター。

行き過ぎたローカーボはイライラの元だからな、たっぷりのフルーツをアテにガーリックトーストでもついばんどけよ?というメッセージでしょうか。

CGK搭載っぽかったので、恐らくはMHというよりもCGKのケータリングの問題なのでしょうが、以前話題になったNHのバナナ一本とは別の意味で衝撃的な機内食だったのでした。

データ

Airline : MH マレーシア航空 Malaysia Airlines

Flight No. : MHxxx

Travel Date : MAY 2018

Sector : ジャカルタクアラルンプール CGKKUL

Class : ビジネスクラス Business class

By : えびちゃん @ http://marcoflyer.com/

☆えびちゃん、情報提供ありがとうございます。そうか、4種から3つを選ぶ組み合わせ(4C3:高校数学Ⅰでやるかと思います。Cはコンビネーションの頭文字です。)だったのか!不思議ちゃんと言われるマレーシア航空、結構、数学的なハーモニーを考えているのか!!ダメーシアではないのですね。とはいえ、残った謎は深まるばかり…。この航空会社は要監視案件ですね。