【テツ】タクサカ号 Taksaka ジャカルタジョグジャカルタ APR19 【鉄道食】

関連コンテンツ スポンサーリング
Train 鉄道

タクサカ号ジョグジャカルタへの旅

飛行機では約1時間の旅の二都市間、鉄道で517キロメートルの距離を約7.5時間かけてタクサカ号で移動することができます。


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

タクサカ号

タクサカ号はジャカルタ ガンビル駅(Stasiun Gambir)とジョグジャカルタトゥグ駅(Stasiun Tugu)を一日2往復運行しています。それぞれ、昼間(朝発夕着)と夜間(夜発早朝着)となっています。

ちょっとググってみたので、そのまんま知識をドヤしたいと思います。元ネタはこちらです。(間違ってたらご指摘願いまーす)https://www.traveloka.com/en/kereta-api/taksaka

タクサカ号のタクサカは古代インド叙事詩マハーバーラタにでてくる、巨大龍にちなんでいます。大きな龍でありながら、とても温かい心をもっていました。そのタクサカ龍のようにと、崇高な想いをこめ、ジャカルタとジョグジャカルタ二都市を結んでいます。

第1期の運行開始は1999年(1999年9月19日:これ9重ねることに意味があったのですかね?)、第2期は2001年であり、その時以来、1日2往復体制になりました。

車内食

食堂車はあるものの、ねむいさん、お昼の混雑時には使えず。

仕方なく、テイクアウト。メニューはネシア語で英語なし。しかし、スタッフは英語OK。

そしてナシゴレンセットを。ハラール認証済み。レンチン食ではありますが、これはこれでよろし。

k-tranさんもどこかでおっしゃっていたように思うのですが、極東の島国の鉄道はコバラヘッターに対応しておらず、グランクラスのような某プレミアムクラス・インスパイア箱飯提供には躍起だが、それ以外はひもじい思いをすることに、ねむいさんも嘆き。

だって、タクサカ号はちゃんとコバラヘッターに対応。

即席めんがあって、お湯を注いでくれるだけでも全然違うのに、という。

そして、当然のように1時間半遅れで、おかげさまで夕日がきれい、というオチ。

はー。興味深いです。 ねむい   さん、めずらしい情報、ありがとうございます。鉄道食も情緒があり、ストーリーが生まれていいですね~。


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました