AF1047 エールフランス航空機内食 ワルシャワパリ WAWCDG Y エコノミー NOV17

スポンサーリンク

交通機関としての飛行機

飛行機は交通機関として長距離移動に使われています。それは周知の事実。しかし、たんに物理的な移動のみならず、副産物的ではありますが精神的な「区切り」に使われることもしばしば。中森明菜さんの「北ウィング」という歌もそうですよね。飛ぶことによって、ヒトへの想いが変わっていく。

それは決して、ドラマや歌謡だけでの話ではなく、そこにいる大多数にとっても同じことのようです。

 ブログランキング参加中
応援クリックお願いします 
 

日常に区切りをつけるドアクローズ

ドアクローズで、つい先ほどまで続いていた日常に区切りをつける。hatoさまのフライトはそういうものだったようです。

データ

Airline : AF Air France エールフランス

Flight No. : AF1047

Travel Date : Nov 2017

Sector : ワルシャワパリシャルルドゴール WAWCDG

Class : エコノミークラス Economy Class

By : hato @ https://twitter.com/kukkurr

☆hatoさま、レポートありがとうございます。とても美しいツイート。機内食がまたさりげない小道具になって、情景が目に浮かぶように感じます。あらためて、飛行機というのはたんに輸送の役割だけではなく、何か特別なものを担っているのだなと考えちゃいました。

機内食そのものは軽食ですが、これはこれで十分ですよね!