JL ☆祝300記事記念☆ JAL 国際線機内食 JL725 成田ジャカルタ NRTCGK Y プレミアムエコノミー JUN15 温故知新

スポンサーリンク

☆祝300記事記念☆
ここから国際線修行スタートしました!

おかげさまでこちらのブログもスタートしてから300記事をつづることができました。(投稿日と記事公開日はいまだ遅れていますが…汗)

300記事記念として、3年前、BKS-BBAが、2015年6月に航空ステイタス修行において、はじめてJAL国際線を利用した時の様子を紹介します。たかだか3年前なのに、今とは行動様式が大きく異なっています。(当時はまだ、BKS-BBAというホーリーネームもありませんでした笑)

ジャカルタ線を選んだぞ!

2015年6月にJAL国際線搭乗する前は、2011年2月に退役前の744にて有償ソウル往復、2013年1月に特典上海往復のみのアカウント。(それ以前は航空会社職員割引で利用したのでアカウントなし)

ほぼ放置のアカウントだったのですが、思い立って修行をすることに。なぜ、縁もゆかりもないジャカルタを選んだのか。理由は、キャンペーン(搭乗によりポンタかなにかがもらえた)と距離があるのでFOPが多く付与されるからでした。これは今も同じですね。今も同じということは、これは思考回路においてプライオリティが高いと思われます。

空港で有償プレエコアップグレード

当時はNOステイタス。事前座席指定も3席の真ん中しかできませんでした。ハラハラしながら空港に出かけていき、「通路側」を希望したところ、飛んで火にいるなんちゃらのごとくに、

差額をお支払いただくとプレミアムエコノミークラスにできます

という魔の囁きにあっけなく捕獲されてしまいます。差額2万円。

今だったら絶対にやりません(笑)。もちろんステイタスがついたおかげで事前座席指定ができることも思いますし、その差額がもったいない、という思考になります。3年前の自分自身はピュアでした。

エグジットの窓側いただいていますね。ラクなお席です。

機内食

ドリンクで、プレミアムエコノミーだからいただけるシャンパンを。これも今はもうほとんどしませんね。理由はビールの方が好きだからです。

このときは、「プレミアムエコノミーにしたのだから」と、エコノミーとの差別化のひとつであるシャンパンをお願いしたのだと思います。これは心理学的にも代償(差額)を支払って得たものだから、それに見合う特典を得たいと感じてやったことなのだな、と説明できますね。

お食事そのものは飯島奈美でした。

ハンバーグとサフランライスですかね。JALのハンバーグはこの時からあまりおいしくないのは変わらないです笑。

2食目は菓子パンでした。それは今も変わらないですが、今の方がおいしくなっているように感じます。こうやって温故知新のように振り返ってみるとまた楽しいです。

データ

Airline : JAL Japan Airlines

Flight No. : JL725

Travel Date : Jun 2015

Sector : 成田ジャカルタ NRTCGK

Class : プレミアムエコノミークラス Premium Economy class

By : BKS-BBA @ www.bksbba.com

☆今ではほぼ選ばない非常口を指定してもらい喜んでいたり、ドリンクもシャンパンをいただいていたり。この3年でずい分、自分自身も変ったのだなぁと始発点を見つめ直した気分です。

おかげさまで、このブログも300記事になり、まだまだ機内食を食べ続けております。また、多くの方に機内食情報をお寄せいただき、自分では行ったこともない所に対しても、まるで出かけて行ったかのように楽しく記事にさせていただいております。

スローペースではありますが、コツコツ続けて行きたいとおもいます。これからもよろしくお願いいたします。