アメリカン航空機内食 AA128 成田サンノゼ J NRTSJC ビジネス JUN93 懐かしい機内食 廃止された路線

関連コンテンツ スポンサーリング
AA アメリカン

アメリカン航空の日本乗り入れは1987年

懐かしい機内食情報が届きました!(すみません、かなり前にいただいていたのですが、管理人が温めていました…)。それももうすでに廃止されている路線の機内食情報です。

機内食情報を紹介する前に、アメリカン航空の日本就航の頃の話を。

UA(元パンナム)、デルタ(元ノースウェスト)から遅れることかなり、やっとこ1987年にアメリカン航空は成田ダラスフォートワースで日本乗り入れ開始しました。成田にはいわゆる後発だったのですが、その頃にはすでにアメリカン航空の予約システムSABRE(セイバー)は航空業界を席巻しておりまして、なんというか、業界をリードする(ちょっとおそろしい)存在だったんです。

そもそも塗装もコワイですよね。日本はバブルにむかってギラギラ。ちょっとしたら、やれ、フライングホヌのおじいちゃん的なマリンジャンボだ、リゾッチャだやってるのに、「軽くするためにあんまり塗装しません」みたいなスタイルだし。コールセンターもいち早く管理体制厳しくやっていましたし。

そんなアメリカン航空、ダラス線オンリーから、91年にサンノゼ線をスタート。どんどん路線を増やすよりも、少数精鋭的に広げた印象(まあ、成田のスロットが争いの時代 – 後述)。

途中チャプター11ありましたが、いろいろ合併吸収しつつ、現在も営業中。最近はOMAATのベンさんが目のカタキ?というところもありますが、ふつうに運航しています。

と、前置きが長くなりましたが、このアメリカン航空の今はもうない路線、91年に開設し、2006年に運休した成田サンノゼの機内食のご紹介です。現在はANAだけがオンリー・ジャパン・ファイブスター的にこの区間を運航していますが、さきがけはアメリカン。この貴重な情報を届けてくださるのは、機内食クラブ初登場の citybuskmboy さんです。citybuskmboyさん、機内食クラブにようこそ!!


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

MD-11で運航

ああ。ここまで書くと他のうんちくも書きたくなってきました。でも、まず、機内食のご紹介。

旧ロゴ、かっこいいです!!!

航空券のルーティングは香港発のサークル・パシフィック的なものをご購入になったようです。この成田サンノゼを選ばれた理由は、

  • アメリカンのヘッドレストが革張りでよさそう
  • 西海岸に行く他の米系よりサービスが良い
    ~ジャングル航空(UA)、ノースワースト航空(NW)と言われていた
  • 夜食に日本そば提供 (かなり重要)

だそうです。とても納得がいく選択です!

お食事そのものは、当時の良いスタイルで、おいしかったという印象がおありだそうです。

データ

Airline : AA American Airlines アメリカン航空

Flight No. : AA128

Travel Date : Jun 1993

Sector : 成田サンノゼ NRTSJC suspended

Class : ビジネスクラス Business Class

By : citybuskmboy

機内食クラブより

☆ citybuskmboyさん、情報提供ありがとうございます。いただいてから記事にするまでに時間がかかってしまい大変失礼いたしました。あらためて拝見いたしますともう前のめりで見入ってしまいます。このような貴重なお写真、撮っていらっしゃるのすごいです。今の機内食と比べると見栄えや飾りがない分、本質をついているようにも感じました。航空券のルーティングも感心いたしました!!

【誰得】うんちく スロット配分

スロットは発着枠のことをさしています。現在は、成田から羽田にシフトしているので、成田でフルサービスキャリアが発着枠を争うということはあまりないかもしれないのですが、バブル期のあたりは、結構争いが熾烈でした。

一応、国交(運輸)省と公団で割り当てするっぽいのですが、その際に、既存航空会社は、その枠の利用率を鑑みて、あらためて割り当てが決まりました。まあ、当然と言えば当然。使ってくれるひとに枠はあげますよ、という話です。

それのなにが問題かというと、枠を利用するためにスカスカのフライトでも飛ばさなければならないケースが発生するということ。

たとえば、明らかに乗客が少なくて、2フライトをまとめて運航してしまえ、そのほうがコスト的に合う、という場合でも、利用率が変動してしまうので、やりすぎはいけない、ということになります。

300キャパシティあるフライトが行先が近い所に毎日2本飛んでいるとして、1つが60、もう一方が30だったら、別々に飛ばすよりも、まとめちゃえ、という話になります。特に外航はある国からきているからまとめて、その先は自分の国のドメでつなげばいい、という。

でもやりすぎると、次のスロットを主張できない。そのあたりのせめぎ合いがよくありました。そのせいで、乗客が7名とかいうフライトが発生してしまうのです。かんたんにおまとめ発送はできない事情があるんです笑。

以上、だから何?な誰得でした。はぁ、懐かしいの見るとすぐに誰得発動ですわ笑。


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

コメント

  1. あれっくす より:

    BKS-BBAさま
    懐かしいですね。昔、確か2003年頃?、JAL特典航空券でこの区間に乗りました。
    サンフランシスコ市内まで(約1時間)無料の接続シャトルバスを利用できたので
    AAに乗ってみることにしました。
    AAも一時、サンノゼを西海岸のミニハブにしようしていた、と記憶してます。

    • BKS-BBA より:

      あれっくすさん
      そうでしたか!はい、ミニハブ構想ありましたよね。懐かしいです。

タイトルとURLをコピーしました