バティックエア機内食 ID6522 C ジャカルタラブハンバジョ CGKLBJ ビジネス AUG19

関連コンテンツ スポンサーリング
ID バティックエア

格安航空会社が設立したフルサービスキャリア

LCCは独立的に設立されるか、あるいは、フルサービスキャリア、FSCから設立されるかの流れが多いです。さまざまな例があるので自然なことに感じられます。

こちらバティックエアは多少毛色が異なります。もともとはライオン・エアというLCCがあり、そこから設立されたFSCです。LCCが親会社であるフルサービスキャリアが子会社となります。

2社は就航路線が重複していることが多く、廉価なもの、フルサービスを好む2層を取り込む戦略をとっているようです。(地上でのサービスが共有できる利点もあるでしょう。)- wikiって調べました!

そのバティックエアの機内食、機内食クラブは初登場、ご紹介してくださったのも機内食クラブ初登場の 宇野橋ラスク さんです。宇野橋ラスクさん、機内食クラブにようこそ!!


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

2時間のフライト

ご利用されたのは、ジャカルタからラブハンバジョまでの約2時間のフライト。素敵な機内食が提供されています。

ナシゴレンとチキン煮込み、辛さは控えめで、可もなく不可もなくというところだったそうです。

データ

Airline : ID Batik Air バティックエア

Flight No. : ID6522

Travel Date : Aug 2019

Sector : ジャカルタラブハンバジョ CGKLBJ  Labuan Bajo

Class : ビジネスクラス Business Class

By :   宇野橋ラスク失敗の多いマイル旅

機内食クラブより

☆ 宇野橋ラスクさん、情報提供ありがとうございます。珍しいいきさつがある会社の珍しい路線の機内食の情報ですね!LCCからのFSCといいながらも立派な機内食、インドネシアのホスピタリティでしょうか。いろいろとリズムが合いづらい点もあるかもと想像しますが、インドネシアの良い点があらわれているサービスなのかもと思いました!!


 ブログランキング参加中
応援クリックよろしくお願いします 

  
  
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました