JL505 JAL国内線機内食 羽田札幌 HNDCTS F 国内線ファーストクラス AUG18 和食

スポンサーリンク

安定の国内線和食

JAL国内線ファーストクラス機内食、和食の評価は高いです。正直、中近距離ビジネスクラスの食事を国内線ファーストクラス和食に取り替えろ、という意見もあるくらい評価が高い。

今回、あれっくすさんが体験されたものも満足がいくものだったようです。

 ブログランキング参加中
応援クリックお願いします 
 

ビジュアル的にもオールオッケー

JAL505羽田札幌ファーストクラス機内食 2018年8月

よくご利用なさるあれっくすさんの目からも安定の美味しさ!

朝食メニュー

小鉢 :浅利と葱の煮合わせ     

三種盛り合わせ(万願寺甘辛煮、牛照焼、山桃蜜煮)

台の物:築地魚がし 北田のサーモン塩麹焼

俵御飯 新潟の新しいプレミアム米「新之助」

焼きばら海苔の味噌汁

香の物:はぐらうり浅漬

フレッシュフルーツ

データ

Airline : JAL Japan Airlines

Flight No. : JL505

Travel Date : Aug 2018

Sector : 羽田札幌新千歳 HNDSPK

Class : 国内線ファーストクラス First class domestic

By : あれっくす

☆あれっくすさん、情報提供ありがとうございます。安定のおいしさ。ビジュアルもすっかり形式美になっていてよいですよね~。

なぜ、これを中近距離のビジネスクラスで提供しないのでしょうか?

あたらめて考えてみると、素材がちょっとちがうのかも、と思ったりしました。国内線ファーストクラスに関しては、時期ごとに地域と協力して、「〇〇のサーモン」のように限定的なものを提供していて、それは国際線で提供するには十分な供給量を、採算があう(ココ重要)コストで確保できないのかな、と。

そういう事情はあっても、やはり比較すると見劣りがしてしまうので、これはなんとかしてもらいたいところですよね~。