JL737 JAL国際線機内食 名古屋バンコク NGOBKK C ビジネス SEP18 洋食

スポンサーリンク

同じ区間和食よりも洋食がおすすめ

同じ区間をヘビロテされる「機内食クラブ記者」のみなさまは、一度試されたほうでないものを次回はちゃんとオーダーし、レポートくださります。いつもありがとうございます。

JL737 JAL国際線機内食 名古屋バンコク NGOBKK C ビジネス SEP18

こちらで和食は「いまいち」と体感されたちっぴーさん、今回は洋食を召し上がりました。

 ブログランキング参加中
応援クリックお願いします 
 

鳥羽国際ホテル監修の海の幸シリーズ

洋食は、おなじみ鳥羽国際ホテル監修のもの。

鳥羽国際ホテル監修メニュー

こちらは、三重県とJALとの間で締結された「食」と「観光」に関する協定に基づき、さまざまな取り組みをすすめていくなかの一環として提供されているようです。メニュー監修は総料理長の山崎氏。

海の幸とのみならず、野菜をはじめとする三重県で収穫されるものを用いたメニューになっています。

そう言われると、無名のものよりも、不思議と美味しく感じてしまいますよね~。

データ

Airline : JAL Japan Airlines 日本航空

Flight No. : JL737

Travel Date : Sep 2018

Sector : 名古屋バンコク NGOBKK

Class : ビジネスクラス Business Class

By : ちっぴー

☆ちっぴーさん、情報提供ありがとうございます。ちょっとぐぐってみると、「こりゃ、鳥羽国際ホテル監修メニューのほうがいいや」と直観するレベルでいいですね。

JAL名古屋便に関しては、鳥羽国際ホテルとあったら、和洋にかかわらず、そちらを選ぶように心がけたいですね笑。