JAL 国際線機内食 成田ロンドン NRTLHR ファーストクラス F MAY10

スポンサーリンク

一世代前の機内食

Ewadonさんのブログは着実に機内食を記録していらっしゃいます。そこから懐かしい一世代前の機内食をいくつかお届けしていきたいとおもいます。

まずはじめに2010年5月。かなり前ですね(笑)。JALの成田ロンドンです。

ツッコみどころがちらほら…

まずは画像から。

すごいボリューム(笑)。

まず、前菜の前に、柿ピーが出てきたとのことで、そこからEwadonさんの意気消沈具合が始まります。前菜がどうもシャンパンやワインにマッチしないものだったもよう。

そのあたりは、気になる方はめっちゃ気になりますよね。

さらにすすめていくとキャビア。設定がいまいち。しかしこのあたりから、シャンパンにあうメニューになったようで、いまはもうさようならとなったサロンをがんがん飲まれたようです。

メインはステーキ。味はよくもありましたが、塩が粒が大きすぎる。

デザートが続きますが、エスプレッソがあまりイケてない。BKS-BBAはコーヒー系をあまりいただかないのでよくわからないのですが、現在もあまり評判は芳しいとは言えないですよね…。

2回目のお食事はハンバーグ。和牛100%。みんなダイスキハンバーグ。その流れは今も脈々と続いておりますね。こちらはおいしかったようです。

そして、〆にヘルシンキ上空あたりでのお茶漬け。すべて設定のうえのサーブだったようですが、これがはずれ。うーん、これは難しいかもしれないですね。お客さんが自身でやられるのもよいかもしれませんが、熱湯やらなんやら扱うのも大変でしょうし、いかんせん、やってもらいたい方々が少なからずいらっしゃるでしょうから。

Ewadonさんのブログをご覧いただくと、細かいツッコミどころが記されています(笑)。はじめの一品(柿ピー)があまりよくないとそれが続いてしまうのかもしれません。そのあたりは要チェックですね。

データ

Airline : JAL Japan Airlines 日本航空

Flight No. : JLxxx

Travel Date : May 2010

Sector : 成田ロンドンヒースロー NRTLHR

Class : ファーストクラス First Class

By : Ewadon

☆Ewadonさん、レポートありがとうございます。ツッコみどころたくさん。旅慣れているEwadonさんだからこそお気づきになることもあるかとおもいます。とはいえ、JALのスターターはあまり評判芳しくはないようですね…。それは今もどうもそうみたい…。