JAL 機内食 プレスリリース 国際線「若き料理人たちによる機内食」を提供

スポンサーリンク

やっと前シリーズから解放される!

JAL国際線機内食はさまざまな工夫をしており、エコノミークラス機内食まで細かい心遣いが行き届いていました。

しかし、前シリーズの食事は正直評判が芳しくなかった…。メインのお食事のがっかり感がハンパなく、それはあちこちから聞こえてきた声でした。

そこに突然の光明!新しいシリーズが9月1日から提供されるとのプレスリリースが出されました。

若き料理人たちによる機内食

確かに前シリーズはやや保守的な雰囲気でした。古き良き時代の家庭食をもとにカラダによいものをというコンセプトが感じられました。ただ、飽きちゃうんですよね。早く変わってくれないかなぁと願っていました。

8月28日に出されたプレスリリースではまず9月1日から提供されるメニューについての説明がなされていました。

http://press.jal.co.jp/ja/release/201708/004393.html

RED U-35という若き才能を発掘するコンペティション実行委員会のファイナリスト6名がメニューを監修します。そこは日本食、フレンチ、中華など多岐にわたるジャンルとなっているようです。

若さあふれる、という文言からすると、中高年の口に合うのだろうか?という部分は気になりますが、新しいチャレンジというのはいいですね。

プレスリリースの画像をこちらに転載してみます。

メニューは3か月ごとにラインナップが変わるそうです。秋メニュー、さっそく、9月1日の、JALメルボルン線就航で試すことができそうです!