LAN LATAMチリ 国際線機内食 ラパスサンチアゴ LPBSCL Y エコノミークラス JAN18 ランチリ

スポンサーリンク

LATAMはランチリとタムブラジルが成分

そしてさらに、ランチリ側は細分化されているものから構成されています。何が何だかよくわかりませんが、あまり深く考えなくてもよいでしょう。

世界一標高の高い空港(エルアルト国際空港)

ラパス・エルアルト空港からのフライトは 3時間弱のオール・エコノミーフライトです。

正午を挟むフライトで、軽食が提供されました。大ぶりのマフィン、チョコレート菓子、ソフトドリンク。

一応、国際線フライトですので、免税品販売がありました。

データ

Airline : LAN LATAM ラタム チリ航空

Flight No. : LA893

Travel Date : Jan 2018

Sector : ラパス(ボリビア)サンティアゴ(チリ) LPBSCL

Class : ビジネスクラス Business class

By : あれっくす

☆あれっくすさん、レポートありがとうございます。ボリビア。なかなかご縁がなくどこにあるのかも想像しがたいです。世界一高い標高の空港だと、空気も薄いのかな?想像できないですが、この機内食ブログのおかげで、とても身近に感じられるようになっています。たくさんレポートしてくださりありがとうございます。

ふと、今、気づいたのですが、このような軽食の配膳時に、寝ていると、

  • 飛ばされる
  • 勝手にテーブルを出して、適当なものがおかれる

というパターンを今まで体験したり、見てきたように思います。一方、日系は、お休みシールを貼ったり、ちらちらみながら寝起きを確認しているように思います。やはりそこもお国柄があるのでしょうか!これも気になるところです。