ANA機内食 国際線 NH885 羽田クアラルンプール HNDKUL エコノミー MAY18

スポンサーリンク

個人的には通勤休止

多頻度利用(マイル目的など)する方を修行僧などと呼ぶことがあり、マイルやステイタス獲得を目的として、同じ目的地を頻繁に訪れることを通勤と呼ぶことがこの界隈ではあります。

BKS-BBA自身も「KUL通勤」と称しておりましたが、このたびいったんそれを休止することにしました。その休止前最後のフライト(と、言ってもまた訪れることも多々あり得ますが)はANAのフライトです。

昨年度、保有していたダイヤステイタスの威力も既に失せ、当日はゆっくりと空港に向かい、Suiteじゃないラウンジでわずかな休息をとり、空いていないプレミアムエコノミーを横目で見ながら、空席が目立ったエコノミークラス3席分を独り占めして飛行しました。

エコノミーフルフラット

3席利用すると、身体を横たえることができるので、フルフラットと呼ぶこともあります。しかし、フルフラットにする前に目にしたのがこちら。

なんかすごい。液体がたれた跡が…。

しかし、これでへこたれていては航空旅行などできません。離陸後、ドリンクと簡易おかしバッグが配布されまして、その際、汚れていて拭きたいのでおしぼりをくれ、と伝えてみます。

これがJALなら、こちらがひくくらい、

もうしわけございませーーーーん。ただ今、きれいにさせていただきますぅーーーー。

となりがちですが、ANAは異なります。この汚れを一瞥し、

はい

1枚余分に紙おしぼりをくれました。ですので、拭き拭きして、きれいにしました笑。

配布される簡易お菓子バッグの内容物はこちら。

このハラルおかき、あまじょっぱくておいしいです笑。大好きかも。

ふつうのカントリーマァム。これくどいですよね。

その後は、着陸2時間前まで基本放置です。朝食の選択は2種からです。

紅鮭の彩りご飯を選択しがちですが、あえて、Bのパンケーキ&ポーチドエッグにチャレンジしてみます。しばらく利用する予定もないので、ここは冒険してみたくなりました。

かなり揺れていたので、上手に画像におさめることができませんでしたが、そんなに悪くない第一印象です。

ANA機内食の標準装備です。肝心のポーチドエッグのアップを。

パンケーキはまあアレレですが、ポーチドエッグそのものは、とろとろ卵がうまくキープされていて、「あれ、意外とおいしいかも!」という感想。もしかしたら、JAL・ANAのビジネスクラスを含めた洋朝食たまご料理で一番マシだったかもしれません。

メニューの工夫と、加熱が良かったのだと推測します。

そうこうしているうちに、あっというまに着陸でした。これでしばらく来ることはないクアラルンプール。このANA羽田発のフライトも何回もお世話になりました。ありがとう!またね!

データ

Airline : ANA All Nippon Airways

Flight No. : NH885

Travel Date : May 2018

Sector : 羽田クアラルンプール HNDKUL

Class : エコノミー Economy

By : BKS-BBA @ www.bksbba.com