AY72 フィンエアー FINNAIR 成田ヘルシンキ NRTHEL Y エコノミー JUN18

スポンサーリンク

定点観測しましょう

AY72 フィンエアー FINNAIR 成田ヘルシンキ NRTHEL Y エコノミー NOV17

アイスのおっさんレポートのこちらとは同じ区間半年後。そして、

AY76 フィンエアー FINNAIR 福岡ヘルシンキ FUKHEL Y エコノミー JUN18

キャスリンさんレポートのこちらとは別区間同時期。これらと比較をしてみると、おもしろいでしょう。

 ブログランキング参加中
応援クリックお願いします 
 

エコノミーコンフォート席を利用

ワンワールドアライアンスのエメラルドなので、予約と同時に勝手に席がコンフォート席にアサインされていました。ありがとうございます。

差額の支払い等があるので、機内で勝手に移動できないように、ヘッドカバーに予約席・コンフォートの文字があります。

足元が広くてらくちんでした。

コンフォートの中でも1列目。無敵。楽ちん。

1回目のお食事。

フォーメーションは前年11月の同じ区間のものとほぼ類似。

メインのコンテンツもほぼ同じ笑。お味はこってりでおいしくいただきました。

同時期の福岡発とはイメージも異なる印象ですね。

くまさんビール、おいしかったです。おやつはなかった印象。そして2食目。

同時期福岡フライト、前年同区間フライトよりも明らかに劣るフォーメーション。

クリームかけピラフ。これが予想に反しておいしい。クリームのこってり感がピラフのぱさぱさ感とマッチして妙。意外なところに刺客がいたなぁという笑。

定点観測の結果としては、同時期よりも同区間のほうが機内食が類似しているということが推測できます。やはりケータラーの能力・キャパもあるでしょうし、場所がことなることのほうがインパクト強い、ということが言えそう。ただ、福岡の機内食、かわいいです。フィンエアーの牧歌的なたたずまいを如実に表現しています笑。

そして、あっという間に無事着陸へ。

ラクさを考えると、多少の差額ならコンフォートがおすすめ。2万円だら追加して座るプレミアムエコノミーよりはずっとオトクかと思われます。

とても良いおいしいにおいがしたアライバルホールをあとにして、電車駅へ向かいました。

データ

Airline : AY Finnair フィンエアー フィンランド航空

Flight No. : AY072 sold as BA6068

Travel Date : Jun 2018

Sector : 成田ヘルシンキ NRTHEL

Class : エコノミーコンフォートクラス Economy Confort Class

By : BKS-BBA @ www.bksbba.com