JAL国際線機内食 成田フランクフルト JL407 NRTFRA C ビジネスクラス SEP15

スポンサーリンク

ちょっと前のJALビジネスクラス機内食

エラー運賃をご存知ですか?たまーに、何かの拍子に通常より格段に安い運賃が表示され販売されてしまうことをさします。このネット社会では、その情報を共有する方がいて、あっというまに情報は広がります。もしエラー運賃の航空券をゲットできれば、すごくオトクに飛行機に乗れてしまうのです。

その国によって取り扱いは異なりますが、航空会社のいわば「錯誤」という扱いで、取り消しをするところもあるようです。もちろんそのまま認めて搭乗することもできるケースもあり、いわば、「歓迎されざる客」になることもあるようです。

今回のレポートは運賃そのものはさほどエラー運賃の範疇ではありませんが、設定予約クラスがエラーで設定されており、激安運賃でありながら、マイルを使ってビジネスクラス搭乗が可能になったケースです。

目的地は南米

南米に行くには、北米経由することが多いようですが、ヨーロッパ経由・中東経由の選択肢もあります。北米入国の煩雑さから後者を好む方もいらっしゃいますね。BKS-BBAはたまたま安い料金がヨーロッパ経由だったのでまずはフランクフルトを目指しました。マイルを足してビジネスクラスにアップグレード、当時は777での運航でしたのでファーストクラスもあったフライトです。

水平飛行に入ると食事が用意されます。

アミューズはアスパラとポテトです。

サラダはシーフードということで、サーモン系。JALのサラダはドレッシングもおいしいと思うんです。

メゾンカイザーのパンです。メゾンカイザーはおいしいといわれるとおいしく感じるのは不思議ですねー。

たぶん、テンションあがっていたんだと思います。めずらしくメインをお魚選んでます。鯛の胡麻付け焼き 3種のピューレとブールブランソース。

2食目はエニイタイムなので、サンドイッチにしました。クラブハウスサンドイッチのデータもとっていますからね(笑)。

興味から中身をあけてみます。ハム、チーズ、チキン、マスタード、玉ねぎかな。中身のお味は良いですが、パンを加熱だけしてるので、外側がへなっていてちょっと残念なしあがり。

スカイオアシス。きれいに整列していますね。

踏み竹ありますが、これは正直使う勇気がない(笑)。

デコレーションもそのクルーごとに工夫しているようで興味深いです。

フライトinfoの紙をいただきました。旧ロゴなのがなんともいえませんが、わかりやすいですよね。デザートのアイスと一緒に。

そうこうしているうちにあっという間にフランクフルト到着。

降機後は、サクララウンジで一休み。乗り継ぎがあるひとはそちらにと誘導されました。

データ

Airline : JAL Japan Airlines

Flight No. : JL407

Travel Date : Sep 2015

Sector : 成田フランクフルト NRTFRA

Class : ビジネスクラス Business

By : BKS-BBA @ www.bksbba.com