B6ジェットブルー機内食 ロサンゼルスボストン LAXBOS MINT ミントクラス OCT17

スポンサーリンク

jetBlueの大陸横断線

米国内のロサンゼルス・サンフランシスコ~ニューヨーク線は飛行時間も長く、花形路線として各社力の入ったプロダクトが投入されているのは周知の通りですが、このロサンゼルス~ボストン線も大陸横断線として同様の扱いとなることがあります。準格安航空会社の扱いを受けるjetBlueですが、大陸横断路線にはプレミアムキャビンにフラットベッドを備えたA321が投入されています。「MINT」という呼称が使われているようです。

路線の性格としては完全なビジネス路線。MINTの乗客も殆どがビジネス客と思しき格好です。23時発の夜行便に乗り込みます。

まずウェルカムドリンクがサーブされます。ミントが乗っかったモヒートを頂きます。

メニューを配った後、食事の要/不要を聞かれます。飛行時間6時間程度の夜行便となると、食事をカットして寝る時間に充てたい乗客は多いでしょう。

離陸後、しばらくしてワンプレートの食事が配られます。左から

プロシュートと山羊のチーズ、トマトジャム、ルッコラのサンドイッチ
レンズ豆のスープ
米と麦と雑穀とタマネギとニンジンのサラダ

と、アイスクリーム。

深夜便でも手抜きなしのボリュームで責めてきます。
それぞれ少し頂いて、休むこととしました。味は可もなく不可もなくといったところです。

目を覚ましたら夜は明けかけ、ボストンへ向け降下中。休息は充分取れました。

機内での朝食サービスはなしで、朝食お土産が配られます。

中身は青汁のような飲み物、パン、クッキーといった簡素な物でした。

データ

Airline:jetBlue

Flight No:B6 688便

Travel Date:Oct2017

Sector:ロサンゼルス~ボストン LAX-BOS

Class:MINT

By:DRY

☆神出鬼没のDRY!本ブログ初のジェットブルーのレポートありがとうございます!!

これは、LCCの位置づけを超えているサービスのようにお見受けしますね。日本航空とも共同運航便があるようなので、ジェットブルー体験された方もいらっしゃるでしょうが、ミントクラス、なかなかのもののようですね。そして、青汁のようなもの、っていうのがめっちゃ気になります!