LATAM SCL ラタム チリ サンチアゴ VIP LOUNGE VIPラウンジ JAN18

スポンサーリンク

ホームタウンの国際線ラウンジ

波乱万丈であったあれっくすさんの南米旅行。次にラウンジの情報も寄せてくださいました。まずは、LATAMも元LANのホーム、サンチアゴのラウンジです。

ラウンジまでの動線がよい

上級会員向け専用のチェックインカウンターの案内があります。

エスカレーターで上階へ。

チェックインカウンターの脇に、出国審査のブースがあり、そのブースのすぐ後ろに手荷物検査があるという動線でした。見上げるとラウンジのサインが見えます。

ラウンジまでの動線がこんなに短いのは初めてでした。

ラウンジ内は、白と木目で統一されています。

朝の利用だったので利用客は殆どおらず、食べるものはサンドイッチ、マフィン、など朝食メニューでした。またバーカウンターは午前11時から、との案内が。

やはり欧州・北米行きの便が出発する夕方~深夜帯が混雑するのでしょうか。シャワールームも数多くありました。

☆あれっくすさん、レポートありがとうございます。本当に人が少なくてまるで取材のようです。わかりやすくてとてもよい!朝食の時間帯は空いていて、南米からのフライトはどうしても長距離になると「寝る」ことを意識せざるをえなくなり、ラウンジで食事をとって、機内では寝る、ということになるのでしょうか。それにしてもラタムのロゴかわいいですよね。南米をモチーフにしていてよいデザインだと思います。