HKG QANTAS Business Lounge 香港カンタスビジネスラウンジ MAY18

スポンサーリンク

アイデンティディを失くしたフリ

QFは日本路線にあまりよい機材がこない、また、かなりおおざっぱなサービスであるにもかかわらず、ラウンジの評判が良いです。基本長距離フライトになるせいもあるかと思われますが、しっかりお休みくださいませ、という感があります。そして、オーストラリアという多国籍民族を象徴するようなフュージョン系のお食事が提供されるのもポイントが高いところ。

  ブログランキング参加中  
          応援クリックよろしくお願いします 

   
 
 

しかし、すっかりSAKURAラウンジに擬態しています

2015年12月、それまで香港発のJAL指定だったプラザプレミアムラウンジから、カンタスラウンジに変更になりました。プラザプレミアムはいつも激混みでしたから、文句も多かったのでしょう。
 
ちょうどカンタスの運航時間とJALのフライト時間が重ならないせいもあって、JAL利用時間帯は、すっかり、SAKURAラウンジに擬態しています。
 
 
 
このあたりまではカンタスラウンジの面影があります。
 
しかし…。
 
 
すっかり擬態化成功。カレー、味噌汁、照焼きチキン、シューマイ、春巻き…。どこよりもサクララウンジっぽいラインナップ!!
 
しかし、JAL便が出たあとは、静かに、もとのカンタスラウンジに戻るのでありました笑。
 
 
ちなみに案内図は2社の共同フライヤー(ちらし)のようにもみえますね笑。
 
 
たまたま、利用した時、遅延の案内があったのですが、ハンドリング会社である、キャセイのスタッフが、カンタスラウンジに来て、カンタススタッフの横で、日本語でJALの遅延の案内をしていました。オーマイガッ!これこそグローバル社会!JALグローバルクラブ!!