機内食で特別食をオーダーしたくなる気持ち

スポンサーリンク

機内食にも特別なモノがある?

機内食と言われると、ついつい、

「ビーフorフィッシュ?」

という画一的なものをイメージしますが、特別食があるのをご存知でしょうか。

幼児用、食餌制限、また宗教上の理由からなど食べることができるものを限定されてしまう方のために航空会社が用意するものです。

あくまでも原則であり、もちろん、誰でもオーダーすることはできます。なんとなくふつうと違うものや、目新しいものを頼みたくなる気分ってありますよね。

BKS-BBAは偏食なので、変に重いものが来たりすると困るので、常にベジタリアンミール(といってもいくつか種類がありますが)をオーダーすることがブームだったことがあります。

特別というからにはいくらかかるの?

まずは、特別なものを頼む時に別途費用がかかるのか、ということが気になりますが、原則、かかりません。通常の機内食がある区間であれば、特別食に対する費用がかかるということはあまり聞きません。

しかし、十分な時間をもって事前にオーダーしなければ対応できない、ということはあります。追加費用を払うから特急便で用意して、という話もあまり聞きません。

その特別食、航空会社によって対応できるもの、できないものもあります。また、同じ種類、たとえば、幼児食であっても、航空会社によって、内容は異なります。同じ航空会社でも時期によっても異なるかもしれません。

と言っても、食餌制限の問題から、配慮が必要な場合も多くあるので、ある程度の基準を満たす必要はあるでしょう。そうなるとルールが必要ですね。

実際、機内食だけではなく、各国、背景も文化も異なる航空会社同士がやり取りするときのためにルールを決めているIATAという組織がありまして、特別食ごとに略号で内容を示す約束があります。

他のルールもだいたい4文字の英文字を使って表すことが多いです。(都市・空港名は3文字、航空会社は2文字なども同様にIATAのルールです。)

実際どんな特別食があるの?

よく取り扱われるのはこのあたりでしょうか。細かく分かれる部分はありますが、たとえば、ベジのなかでも、ヴィーガンとラクトでは、ヨーグルトをつける、つけないくらいで対応している時もあるかもしれませんね。

CHML  CHILD MEAL 幼児食  ちっどみる
BBML  BABY MEAL 乳児食  べびみる
AVML  VEGETARIAN HINDU MEAL 野菜食(ヒンドゥー教徒向け)
RVML  VEGETARIAN RAW MEAL 野菜食(生野菜)
VGML  VEGETARIAN VEGAN MEAL ヴィーガン食
VLML  VEGETARIAN LACTO-OVO MEAL 野菜食(乳製品、卵はOK)
VJML  VEGETALIAN JAIN MEAL 野菜食(ジャイナ教徒向け)
VOML  VEGETALIAN ORIENTAL MEAL 野菜食(東洋人向け)
BLML  BLAND MEAL 柔軟食
DBML  DIABETIC MEAL 糖尿病疾患向け
GFML  GLUTEN FREE MEAL グルテンフリー食
LCML  LOW CALORIE MEAL 低カロリー食
LFML  LOW FAT MEAL 低脂肪食
LSML  LOW SALT MEAL 低塩分食
NLML  LOW LACTOSE MEAL 低乳糖食
HNML  HINDU MEAL ヒンドゥー教徒向け
KSML  KOSHER MEAL ユダヤ教徒向け
MOML  MOSLEM MEAL イスラム教徒向け
SPML  SPECIAL MEAL 特別食 すぺみる

気になるSPMLですが、上にあるものどれにもあてはまらない形式のものをさします。どんなものかをこまごま説明を加えてリクエストします。

BKS-BBAが現役だったころは、某女優さんが、SPMLでローカロリーかつ油分のないスタイルで細かく指示されたものをリクエストされていて、美しさの陰にある努力を感じました。

なんか特別食楽しそう。でもね…。

こうなるとリクエストしたくなりますが、ひとつ難点があります。確定な難点ではない未然の話ですが、万が一、予約クラスがオーバーセールしていて(例:座席数100に予約が110など)、誰かが上級クラスにアップグレードされるとき、特別食をオーダーしていたら、必ず、アップグレードの対象者から外されます

どれだけ上級会員であったとしても、特別食をオーダーしている方はその確定した座席のままです。それはよほどおおらかな会社でない限り、そうなってしまいます。

ちょっと損した気分になってしまうかも(笑)。

また、KSMLやMOMLは認証を受けたものしかないので、その分コストがかかるので、いたずらに頼むとあんまりいい気はしないかもしれないですね。

そのあたりを心得ながら、リクエストしてみるのも楽しいでしょう!

  ブログランキング参加中 応援クリックよろしくお願いします 
   
スポンサーリンク

フォローする